目の周りの皮膚がボロボロ

突然明らかに目の周りが赤くなって痒いという症状が現れました。

 

症状が出始めた当初は寝不足やストレスの蓄積だろうと思っていたので、正しい生活リズムで生活し、ストレスを解消すれば元に戻るだろうと思っていたのですが、そう意識して生活してみてもどんどん悪化するばかりでした。

 

しばらくすると目の周りの痒かった部分がカサカサになってきて痒みは増すし、目の周りの皮膚はボロボロとこぼれてくるし、化粧水などをつけるとしみて痛いし、という状態にまで悪化してしまいました。

 

もうお化粧することもできず、すっぴんのまま出歩くのも目の周りが気になって嫌だしマスクで誤魔化すしかない状態でした。

 

またそのころからは身体の何箇所か痒い箇所があり、そこもまた皮膚がボロボロになっているような状態でした。

食べ物を変えてみるのも1つの手段

まず皮膚科へ行ってステロイド剤をもらってしばらく試してみようと思いました。

 

お医者さんに診てもらうのが一番手っ取り早いのかなと思ったからです。

 

そして当時使っていた化粧品が悪いのかと考えて、肌への刺激が弱い化粧品に変えました。

 

変える際に某化粧品メーカーのブースへ行って肌の状態を診ていただき、店員さんにオススメされたものに変えました。

 

そこでオススメされたのは漢方を使った商品で肌の元々ある力を取り戻してあげる商品だと説明を受けました。

 

また身体の内側からの体質改善として、意識してなるべくグルテンを取らない生活をしてみました。

 

食べるものも野菜や果物を増やしてみたり、パンや麺類よりもお米を選ぶようにしてご飯を食べたりしていました。

体質が原因のこともある

ステロイド剤と化粧品についてはステロイド剤をうまく使いながら調子が良くなりそうだと思った段階でステロイド剤を少しずつ減らしていったので、うまくお薬離れすることができました。

 

症状がひどかったのは3年ほど前のことなのですが、他の化粧品を試すとまた敏感肌の症状が出てきてしまうのではないかと思い、今も同じ商品を使っています。

 

食事については、以前はパンや麺類を好んで食べていたのですがお米を食べる生活を続けることで元々持っていたアレルギー体質が少し治まったように思います。

 

これが直接敏感肌に関係があるのかどうかは定かではありませんが多少の体質改善が見られたのかなと思っています。

 

現在はひどい症状もなく、なんとかうまく敏感肌と付き合っていけているのかなあという感じです。