妊娠すると肌が敏感になる?

妊娠してから敏感肌が気になるようになりました。

 

もともと乾燥肌だったのですが、妊娠するまでは敏感ということはなく、一般的なスキンケアで大丈夫でした。

 

でも妊娠してから1ヶ月たったころから、それまで使っていたものを使うと肌が少しヒリヒリするようになりました。

 

当時は洗顔後、化粧水と乳液を使っていたのですが、化粧水をつけた段階でヒリヒリと刺激がありました。

 

そのためしばらくの間何もつけないようにしていました。

 

するとヒリヒリすることはなかったのですが、今度は乾燥して肌のつっぱり感が強くなってきたのです。

 

それと同時に目じりに小じわができるようになりました。

 

そこで乾燥のないしっとりとした肌になって小じわも目立たなくしたいと思いました。

小林製薬のヒフミドがいい!

敏感肌になってからは一般的なスキンケアを使うことに抵抗を感じるようになったのですが、何もつけないと乾燥するので何か良いものがないか探しました。

 

そしてネットで見つけたのが小林製薬のヒフミドです。

 

特に敏感肌用とは書かれていませんが、製薬会社のものなら大丈夫ではないだろうかと思いました。

 

トライアルセットを取り寄せて使ってみたところ、ひりひりとした感じがなかったので「これを使おう」と決めました。

 

最初洗顔ソープを使ってみましたが、洗った後肌がしっとりしているので驚きました。

 

使い方は、まずしっかりと泡立てることがコツです。

 

そして顔全体を泡で包み込むようにしてやさしく洗っていきます。

 

その後、ローションを五百円玉大くらいの量を使います。

 

普通ならもっと少なくてもよいかもしれませんが、私の場合特に乾燥が激しいので多めに使っています。

 

これも顔全体にパシャパシャとつけて肌に馴染むように軽く叩いて浸透させます。

 

すると保湿効果だけでなく、肌にツヤが感じられるようになります。

 

その後クリームを使います。

 

クリームの場合は丁寧に塗りこむようにします。

 

パール大の大きさを指にとって、両頬、鼻、おでこに分けてつけます。

 

そしてゆっくりと伸ばしていきます。

 

そのとき頬は下から上にマッサージするようにします。

 

このようにして毎日お手入れしていたらしっとりとした肌になっていき、小じわも気にならなくなりました。

 

詳しいことはわかりませんが、なんでもヒフミドはヒト型セラミドという成分が含まれていて、これが保湿に大いに効果があるそうです。

コスメは高ければいいわけじゃない

トライアルセットを一回使ってみたらすぐに効果を感じました。

 

具体的に肌のしっとり感が定着してきたのは、使い始めて1ヶ月たったころでした。

 

私に合っていると感じたのでそれ以来ずっと使い続けています。

 

使う前は乾燥して小じわが目立っていましたが、使うたびに保湿効果を感じることができました。

 

そして1ヶ月ったころは肌がしっとりしてつやつやになりました。

 

ヒフミドを知る前は比較的高価なものばかり使っていました。

 

値段が高いほうが肌によい気がしていたからです。

 

しかし今となってはそんなに高いものでなくても効果が感じられるのだなと思うようになりました。

 

ヒト型セラミドという成分が入っているものを使ったのはヒフミドが初めてでした。

 

ヒフミドは敏感肌にも優しく、しっかりと乾燥を防いでくれるスキンケア用品です。

 

さすが製薬会社が開発しただけあるなと思っています。