乾燥肌と敏感肌に悩まされる

30歳を過ぎたころからお風呂からでたあとでも、すぐに化粧水を塗らなければ顔が乾燥するようになってしまいました。

 

その前に1度アトピー性皮膚炎が初めて発症したので、それから肌がぼろぼろになり、もとの状態までには治らなかったのがガサガサになってしまった1番の原因だと思います。

 

特に乾燥を強く感じるのは季節の変わり目で、肌が荒れるのもその時期です。

 

ファンデーションも時間がたつとすぐにカサカサしてきて粉を吹いていました。

 

特に目の下と鼻がふきやすく、何度ぬってもそうなるので粉ファンではその時期控えるように心がけていました。

 

冬場は特に注意をしなければいけなくて、乾燥から敏感肌にもなりやすいので気をつけていました。

 

皮膚炎になってしまって、敏感肌になったのでその辛さは身にしみています。

肌への刺激少なくすることが大事

乾燥肌と敏感肌はほとんど同じで、私はどちらも持った厄介な肌でした。

 

炎症に優しいと言われる化粧品を購入して試してみても、確かにピリピリとしみるような感覚はなくても、潤いが足りずにすぐに乾燥してしまいました。

 

それではいくら肌に優しくても、本来の目的である肌を整える効果が薄くては意味がありませんし、すぐに肌が乾いてしまうようであれば敏感の対策にもなりません。

 

そのため、どちらの力も兼ね備えた化粧品に出会うまで様々なメーカーの試供品を使いました。

 

そして、ついに見つけた私の仇に合ったコスメはオールインワンゲルでした。

 

オールインワンは1本で済むため、スキンケアによる摩擦を少なくできるので肌への刺激が少なくなります。

 

また、ピリピリすることもなく、肌にも潤いを残してくれています。

 

ずっとライン使いの方が効果が高いと思ってきたのですが、肌質によってはオールインワンもいいんだということを身を以て体験しました。

洗顔後のケアが大事

すぐに肌荒れしていた肌もオールインワンを使うようになってから大分安定してきたように思うので、同じような悩みを抱えている方には是非試してみて欲しいと思います。

 

日々のケアが大切というように、毎日肌に触れるものをいいものにするとよくなってくると感じています。

 

もちろん、化粧水や乳液といった基本的なケアが1番大切だと実感しました。

 

そのせっかくの化粧水なども使い方を間違えると蒸発して、逆に乾燥がひどくなってしまうので、きちんと肌に入れ込んであげることも大切だと思います。

 

お風呂上りが毛穴がひらいて1番入れ込みやすいとは思いますが、すぐには塗らず、その前に一度冷やしてあげると効果が倍増すると思います。

 

そして、そこにラップをパックするとさらにいいと思います。

 

肌になじむまでパックをしてあげると落ち着くし、肌も存分に吸収してくれました。

肌のバリア機能を回復することが大事

敏感肌や乾燥肌というのは、肌を守ろうとする機能が低下してしまっている状態です。

 

健康な肌であれば皮膚の表面にある角質層が、外側から異物が入らないようにしてくれたり、刺激を緩和したりしてくれています。

 

しかし、加齢や睡眠不足、またはアトピーなどのトラブルなどによって皮膚の表面が荒れてくると、肌を守るバリアとしての機能が衰えるだけでなく、皮膚の中の水分まで逃げて行ってしまうのです。

 

そのため、失った水分をしっかりと補給しつつも、水分を逃がさないようにするために必要なセラミドなどを含み、さらに敏感になっている肌に刺激を与えない優しいコスメを使う必要があるのです。

 

このように刺激をしないことと保湿を両立するにはオールインワンゲルのようなものがぴったりで、私の場合は偶然出会うことができ、結果的に自分の肌の状態にあったものを使うようになれたために症状が改善されたのです。

 

もしも今、ひどい敏感肌や乾燥肌に悩んでいる方で、何を使っても症状が悪化してしまうという方は、一度肌にやさしいオールインワンゲルを使って、刺激などをしっかりと取り除きながらも必要な水分を補給して、皮膚が本来のバリア機能を取り戻すまで様子を見るといいと思います。